Trust News & Blog 【みよし市浮気調査事例】嘘をついて浮気相手と宿泊デートする奥様

2023年6月12日
浮気調査事例

【みよし市浮気調査事例】嘘をついて浮気相手と宿泊デートする奥様

依頼者:旦那様(M様35歳) 対象者:奥様

調査場所:愛知県みよし市

依頼内容

今回依頼いただいたのはM様35歳、ご自身は会社員をされており、奥様はアパレル関係の仕事をされているそうです。

現在結婚7年目で4歳になる息子さんがいらっしゃいます。

これまで夫婦関係は比較的良好で、喧嘩などもあまりないそうですが、時々奥様が嘘をついて外出していることがあるとのこと。

3ヶ月前から奥様の帰宅時間が遅くなる日が増えてきたそうです。

奥様が言うには、アパレルのイベントがあり、イベントの準備あると言って2度外泊していったそうです。

子供がまだ小さいことから、早く帰ってくるように伝えても忙しいの一点張りで聞こうとしないそうでした。

2度目の外泊がある際、お子様が熱を出してしまったことで、奥様の携帯に電話をかけたのですが、その日は全く繋がらず、奥様に対して不信感を感じるようになったのだそうです。

しばらくして、何気なく奥様のカバンの中をみたところ、コンサートのチケットが2枚入っているのに気づいたのだそうです。

翌日、奥様がチケットに記載されていた日時に大きなイベントの準備があり、2泊外泊すると言ってきたそうです。

これまでも些細な違和感は多々あったそうですが、今回は明らかに仕事だと嘘をついて誰かとコンサートに行く様子なので、浮気なのかどうか、はっきりさせるためにも調査依頼をすることにしたのだそうです。

調査内容

旦那様は、奥様が浮気をしているかどうか現状確信はないそうですが、少なくとも奥様は旦那様に嘘をついて何かをしている事は確実なので、浮気の可能性も視野に入れつつ、奥様の行動を確認したいとのことでした。

奥様のコンサートのチケット日時であり、奥様が仕事のイベント準備で宿泊するという日時に合わせて、2泊3日の張り込み尾行調査をしてほしいとのことでした。

今回の依頼の目的としては、

・奥様が浮気をしているかどうか確認したい。

・浮気をしていた場合、浮気の証拠を掴みたい。

・浮気相手と別れさせたい。

の3点となります。

現状旦那様には奥様と離婚をする意思はなく、お子様が小さいことからも浮気をしていても、奥様からの謝罪さえあれば離婚はせずに関係修復したいとのことでした。

また、依頼にも費用がかかることから、浮気相手へも慰謝料請求が出来れば行いたいそうでした。

奥様は普段勤務先へは車での移動になることが多いことから、奥様の車の車種、カラー、ナンバーなどの情報を頂いた上、奥様の発言通りに大きなイベントの準備作業があった場合、ある程度大人数の動員が予想されることから、普段奥様の仕事時の服装の確認や顔写真などの情報をいただいた上で、当日の調査に備えます。

調査結果

調査当日、奥様が普段勤務している支店に出社するのか、それとも本社に出社するのか、出社しないのか不明だったので、自宅から尾行調査を行うこととなりました。

一度出社先を確認してから一旦調査を切り上げ、夕方に勤務先から調査を再開する予定でした。

しかし、朝8時頃に自宅を車で出発した奥様は、会社に出社することはなく、駅の近くにあるコインパーキングに車を駐車すると、駅に向かい奥様と同年代ほどの男性と接触しました。

その後、奥様と男性は近くの飲食店でランチを楽しんだ後、電車で名古屋駅まで移動するとショッピングを楽しみ、夕方になるとコンサート会場へ向かいました。

奥様と男性は移動中には手を繋いだり腕を組んだりと身体的接触が多く見られました。

その後、コンサートが終わり奥様と男性が出てくると、近くのホテルの1室にチェックインしました。その後二人で宿泊するのを確認しました。

翌日は二人はチェックアウトをせずに荷物などをホテルに置いたまま外出していったので、同ホテルで連泊するのは確実でした。

その後、2人は本社に出社したので、浮気相手の男性は同僚である事が明らかになりました。

その日は夕方に本社から退社後、再び近辺でのデートを楽しんだ後、ホテルに宿泊しました。

翌日はホテルをチェックアウトし、本社に出社し夕方には奥様は男性と接触をせずに帰宅しました。

3日間の調査で計2回の宿泊、身体的接触や浮気相手の身元などを一気に押さえることが出来ました。

十分な証拠を押さえることが出来たので全ての調査を終了しました。

まとめ

浮気相手の男性は奥様の上司であり、既婚男性であることが分かりました。

旦那様は調査報告書を元に奥様と話し合ったそうです。

奥様も相手の男性も割り切った関係として考えていたようで、どちらも離婚の意思はないということでした。

浮気相手の男性も丸く収めてくれるならすぐに慰謝料を払う用意があるとのことなので、浮気相手から慰謝料150万円を支払ってもらい、奥様とはもう一度夫婦として関係修復してみる事になったそうでした。

依頼者様が調査依頼の時点で離婚の意志がなかった場合でも、調査結果を見て離婚を決意したり、パートナーが浮気相手との道を選んだりすることは実はかなり多く、今回のように丸く収まるケースはむしろ珍しいかもしれません。

ともあれ、無事に丸く収まり解決できて喜ばしい限りでした。

調
電話番号 LINE お問い合わせ