Trust News & Blog お知らせ&ブログ

2022年10月7日
ブログ

中途採用社員の調査事例

履歴書を確認すると、前の会社での業績や役職も良く、素晴らしい人材でした。

そのため、通常の社宅とは別で社宅を借りさせたり、ある程度のポストをはじめから与えるなど手厚い条件を出していました。

しかし、入社してからしばらく経ち本性を現したのか、パワハラや圧力が物凄い人物だったようで周囲の社員からはクレームの嵐となり、問題が表面化してきました。

事実確認のため、本人を自宅待機にさせることになりました。

会社としては、パワハラでクビとなると解雇トラブルとなり裁判にもつれる可能性があったため、別の事項で解雇できる理由が欲しいというものでした。

本人がいない社内で集めた情報では、どこかの会社で役員となっている可能性があるというものでした。

そのため、自宅待機中に他の会社に出勤したり、役職者との接点が確認できないかという調査になりました。

2週間程、調査を進めた結果、別の会社へスーツを着て入っていくのが確認できました。

同社を調査した結果、役員のところに本人の名前が発見され就業規則違反とパワハラで退職する運びとなりました。

中途採用で良い人材が来た場合は、逆に怪しく思った方がいいのかもしれません。

調
電話番号 LINE お問い合わせ