Trust News & Blog 自分で浮気調査する方法

2023年1月19日
探偵豆知識

自分で浮気調査する方法

パートナーが浮気をしているかもと思ったら、まずは自分で浮気しているかどうか調べようと考える方が多いのではないでしょうか?

今回は、自分で浮気調査をする方法やその際の注意点について解説していきます。

そもそも浮気の証拠は、何があれば良いのでしょうか?

浮気の証拠で最も必要なのが、法律でも定められている不貞行為(肉体関係)の証拠になります。

不貞行為の証明として、有力な証拠となるのは、

・ラブホテルの出入りの写真や動画

・不貞行為をしていたと分かるメッセージや会話の音声

・不貞行為中の写真や動画、音声

があげられます。

しかし、上記の証拠以外でも複数の証拠を組み合わせる事で効果的な証拠として認められることが可能です。

例えば、浮気・不倫相手とのメールやLINEでのやり取りは、関係性の長さや関係性の親密さの判断材料になります。

不倫関係が長期になればなるほど、慰謝料の金額も増えるため重要な証拠となり得るでしょう。

また、不倫相手と会った日や出来事を日記に記載しておくことでこちらも証拠になり得ます。
但し、注意しなければいけないのが、記載した日付が分かるものであり、後から改ざんして書かれたものではないと分かるものでなければなりません。

ホテルや自宅の出入り以外の細かい証拠でも、組み合わせることによりパートナーや浮気相手に対して強く出られるようになります。

もちろん不貞の証拠を掴んでおくことが一番の証拠になります。

自分で浮気調査する方法は?

自分でできる浮気調査の方法として8個ほど紹介したいと思います。

・パートナーの携帯を見る

・カバンや財布を中身を見る

・車やカバンにGPSを付ける

・ボイスレコーダーを仕掛けておく

・隠しカメラを仕掛ける

・SNSのアカウントを見てみる

・自分で張り込み、尾行する

それぞれについてより詳しく見て見ましょう。

★パートナーの携帯を見る

浮気を疑った際に、一番最初に調べる人が多いのが、パートナーの携帯でしょう。

今の時代、浮気相手と手紙でやり取りや会社だけでのやり取りという方はまずいないですよね。

携帯は、浮気の証拠の宝庫ともいえるでしょう。

もちろん浮気をしている側は、バレないように小細工をしていることも多々あります。

やり取りを事前に消去したり、相手の名前を友人の名前にしたり、LINEの非表示リストに隠したり、別の連絡が取れるアプリを使ったりします。

そのため、隅々と携帯の中身をチェックする必要があります。

★カバンや財布を探る

カバンや財布にも浮気の証拠がある可能性があります。

食事に行った際の領収書や浮気相手からもらったプレゼント、はたまたご相談者様から聞くのが、コンドームなどもあります。

領収書からは、どんなお店で何人で食事していたのかが判明できることもあります。

その日が、会社の飲み会や仕事と言っていた場合、嘘の証言だったことが証明できる可能性があります。

会社の飲み会なのに、2人程の料金で、お洒落なお店だった場合、明らかに怪しいですよね。

パートナーの予定と組み合わせて、問い詰める際に効果的に相手の弱みを突くことができます。

★GPSをつける

携帯のGPSをパートナーの携帯にこっそり入れる事ができれば、相手にバレず行動を見る事ができますが、現実的に難しいでしょう。

そのため、カバンや車などに隠して(つける)おかなければいけません。

最近はGPSの性能も上がっており、サイズの小型化も進んでいます。

探偵でなくとも、旦那の車やカバンにGPSを付けてますと相談に来られる方も、昔に比べ多くなっています。

注意点としては、GPSの証拠だけでは不貞行為の立証できないのでGPS位置がラブホテルにあるからと言っていきなり問い詰めるのはやめましょう。

あくまでもGPSは、普段の動きや怪しい場所を特定するために活用するものになります。

★ボイスレコーダーを仕掛ける

ボイスレコーダーは、GPSよりかは、自分で行う調査の難易度自体は低いです。

また、録音されている内容によっては、不貞行為の立証ができる場合もあります。

例えば、不倫相手との電話で不貞行為について話している内容や行為中の録音ができれば有力な証拠となります。

見つけられてしまうと、浮気の証拠集め自体ができなくなる可能性があるので、隠す場所には要注意です。

★隠しカメラの設置

浮気相手を自宅や単身赴任中の家に呼んでいる様なパートナーであれば、隠しカメラも有効です。

最近の隠しカメラは、良いのか悪いのかカメラに全く見えないものが色々と販売されています。

もちろん不貞行為中の録画ができれば、文句なしの証拠になる訳です。

ただ、録画をできたとしても、かなり生々しいものになるため、精神的ダメージは大きいでしょう。

★SNSのアカウントを調べる

SNSが普及し、アカウントを持っている人もかなりの人数がいるのではないでしょうか?

SNS上でやり取りが行えるのはもちろん、通話やビデオ通話も今では当たり前のようにできますよね。

また、アカウントに鍵をかけて許可された人しか見る事ができないようにしたり、ログアウトしておけば携帯を見られてもSNSのアカウントの中身を見ることは難しいです。

しかし、メールや電話、LINEと比べて、気を抜いている人も多いのが事実なので一度確認してみることをお勧めいたします。

★自分で尾行・張り込み

自分で調査する方法ではもちろんあるのですが、最もバレやすく警戒されやすい方法と言っても過言じゃないでしょう。

毎日一緒にいるパートナーが視界に入れば、例え気にしていなくても見つかるのは容易に予想がつくのではないでしょうか?

パートナーが自分のことを付けていると分かれば、不倫しているパートナーが警戒しない訳がありません。

もちろん、尾行・張り込み以外でも不倫の証拠を探っていることがバレれば警戒されることは当然ですが、警戒のレベルが格段に違います。

どうしても、自分でラブホテルや不倫相手の自宅への出入りを撮影したいのであれば、重要なポイントを撮影することだけに専念しましょう。

いつも行くホテルや時間帯、曜日、日にち、不倫相手の家などが事前に判明していれば、その場所に見つからず撮影できる場所に隠れていれば良いのです。

しかし、都合よく全部が分かっていることなどほとんどないため、時間を掛けて少しずつポイントに近づいていったり、メッセージやLINEのやり取りで何時にどこどこ待ち合わせなどを事前に把握しておく必要があるでしょう。

但し、本人と判別できる画質や映像でなければいけませんので撮影の練習は必要かもしれませんね。

まとめ

自分で証拠を集める時には、バレないことを最優先する。

細かい証拠でも組み合わせで効果的な証拠となる。

自分で決定的な証拠を押さえたいとのであれば、ポイントを重視する。

正直、自分で調査するのはほどほどにして、最後は探偵にお願いするのが一番効率が良いかもしれません。

日にちや時間を絞ることができれば金額も抑えることができるので、一度考えてみてはいかがでしょうか?

調
電話番号 LINE お問い合わせ